2020.11.03

今期も気になる「ミリタリーファッション」-カーキを今っぽく着こなす

今期も気になる「ミリタリーファッション」-カーキを今っぽく着こなす特集ページのバナーです。

今期も注目のミリタリーファッション。旬のミリタリーコーデは土臭さの感じないアーバンなニュアンスのミリタリー。今回は“今っぽく”をテーマに「ミリタリーアウター」「ミリタリーシャツ」「カーゴパンツ」の3カテゴリーのコーディネートをご紹介していきます。

MILITARY OUTER

Johnbull [ジョンブル] キルティングライナージャケットを使ったコーディネートです。
Johnbull [ジョンブル] キルティングライナージャケットを使ったコーディネートです。
今期もトレンド継続中のビッグシルエットキルティングライナーを主役にコーディネート。
ミリタリー・ワークの武骨な印象を和らげるため、全体的にベージュ系のワントーンで組み合わせ新鮮な見た目に。
存在感あるレザーのキャスケットを被ることによりアクセントを加えました。

Johnbull キルティングライナージャケット ¥22,000 + tax
Vincent et Mireille 別注 両畦クルーネックニット ¥13,000 + tax
NOIR FABRIK 8Wコーデュロイ2Pワイドテーパードパンツ ¥10,800 + tax
BLUE BOOKS CO. GHETTOBOY レザー ¥24,000 + tax  
Johnbull [ジョンブル] キルティングライナージャケットです。

「JOHN BULL/キルティングライナージャケット」

ミリタリーのライナーをベースにデザインされたジャケット。
オーバーサイズでアイテムの上から着用できるようにサイジングされており、幅広いアイテムと合わせて頂けます。
表生地には透湿性、撥水性のある素材を使用しており機能性も充実。裏地の色が鮮やかなカラーになっており、羽織った際のアクセントになります。

MILITARY SHIRTS JACKET

Jeans Factory Clothes [ジーンズファクトリークローズ] ファティーグシャツを使ったコーディネートです。
Jeans Factory Clothes [ジーンズファクトリークローズ] ファティーグシャツを使ったコーディネートです。
秋口に大活躍のミリタリーシャツ。
深みのあるカーキが雰囲気抜群でぐっと大人な印象に。モードなテイストをプラスしたかったので、トップスとボトムスのサイジングにメリハリをつけ、ブーツカットのランチャーパンツと組み合わせてみました。
今期シェフパンツやイージーパンツを組み合わせ全体をビッグに合わせるコーデもおすすめですよ。

Jeans Factory Clothes ファティーグシャツ ¥7,900 + tax
33Degrees パイソン柄フィードポンチスウェット ¥6,300 + tax
Jeans Factory Clothes ランチャーパンツ ¥8,900 + tax
CONVERSE オールスターOX キャンバススニーカー ¥5,800 + tax  
Jeans Factory Clothes [ジーンズファクトリークローズ] ファティーグシャツです。

「JEANS FACTORY CLOTHES/ビッグシルエットファティーグシャツ」

風合いの良いバックサテン生地を使用し、現代風にモディファイしバランスの取れたボックスシルエット。
肩を落としたデザインでラフに羽織れ、抜け感のあるカジュアルスタイルにおすすめです。

MILITARY PANTS

PROPPER [プロッパー] DARTS HEM パンツを使ったコーディネートです。
PROPPER [プロッパー] DARTS HEM パンツを使ったコーディネートです。
軍物好きにはたまらないカーゴパンツ。
今穿くとモサっとした感じや土臭さが今っぽく感じられないなんて思ってしまいます。
レングスが短く設定されたジャスト丈のカーゴなら一気に旬顔に。柄が印象的なミリタリージャケットと合わせても野暮ったくなりすぎずバランスが取れます。

VALTA 別注 CHEMICAL PROTECTIVE ジャケット ¥24,800 + tax
PROPPER DARTS HEM パンツ ¥11,000 + tax
HOKA ONE ONE BONDI 7 WIDE ¥21,000 + tax  
PROPPER [プロッパー] DARTS HEM パンツです。

「PROPPER/DARTS HEM パンツ」

裂けや破れに強いリップストップ素材を採用し、BDUパンツをベースにした一本です。
緩やかにテーパードの利いたルーズシルエットが今の気分にピッタリ。
ミリタリーファッションはコーディネートの形は違えど、どの時代でも色褪せないものです。
特に昨今はカーキ・オリーブやアースカラーがトレンドカラーになっており、より注目度は上がっています。
アレンジの利く自由度の高いアイテムなので是非服選びのご参考にしてみてください。

その他の特集

PAGE TOP