5,000円以上お買い上げで送料無料!メンバー登録でお得な情報をゲット。さらに詳しく

jeansfactory(ジーンズファクトリー)

あなたはどれを選ぶ?GRAMICCI/グラミチの人気ショーツ3モデル紹介

2022.07.13

夏の快適ショーツの定番といえばGRAMICCI/グラミチのショーツ。
クライマーとしての経験に基づく機能的なディティールに加え、洗練されたシルエット、ルックスはアウトドアシーンのみならずタウンユースにも活躍します。
今回は定番モデルの3種類をそれぞれ比較し、おすすめポイントをご紹介。気になるサイズ感や各モデルごとの違いなどを解説していきます。

一番人気のスッキリシルエット NNショーツ

グラミチショーツの中でも一番人気の高いNN(ニューナロー)ショーツ。
3種類の中で最も細身で短めのスッキリシルエットが特徴で、そのスマートなルックスはキレイめなコーデにもマッチします。
細身のシルエットですがストレッチ素材を使用しているため動きにくさもなく快適です。

(モデル身長:173cm Mサイズ着用) ワンタッチで調節可能のウェビングベルトや、180度の開脚を可能にするガゼットクロッチなど、グラミチを象徴する快適ディティールを搭載。
今期モデルから素材をオーガニックコットンに変更し、環境にも優しくなっています。 サイズ感はSサイズだとかなり短くて細く感じました。Lサイズでもダボつくことはなく、ジャストサイズはM、Lサイズ。
短丈に抵抗ある方は大きめのサイズを選んでベルトでウエストを絞っていただくと◎

取り入れやすい絶妙なバランス感 STショーツ

細すぎず、短すぎずの絶妙なバランスが人気のST(スタンダード)ショーツ。
グラミチの代名詞である太めのGショーツと前述のNNショーツの中間のようなシルエットになっており、コーデの振り幅広く活躍する、まさにスタンダードな一本です。

(モデル身長:168cm Mサイズ着用) NNショーツ同様ウェビングベルト、ガゼットクロッチを搭載。
製品染めを施したボディは風合い良く、履きこむにつれて味わいを増す経年変化も楽しめます。 バランスの良いシルエットが特徴のSTショーツは、キレイに見えるジャストサイズでの着こなしがオススメ。
S、Mがジャストサイズで、Lサイズだと少し大きく感じました。

ブランド代名詞の王道モデル Gショーツ

グラミチのルーツであるクライマーとしての経験から誕生したオリジナルモデルG(グラミチ)ショーツ。
NNショーツ、STショーツのベースとなったモデルであり、ブランドを代表する名作の一つです。
長めの丈感とゆったりしたリラックスシルエットが特徴的で、年齢問わず着用しやすいモデルになっています。

(モデル身長:173cm Mサイズ着用) 基本的なディティールにも細かな違いが見られるGショーツ。
ウェビングベルトはバックルがない簡易仕様になっており、フロントファスナーもなく前開きではなくなっています。生地は耐久性のあるオーガニックコットン100%のツイル生地を使用。 ゆったりワイドなシルエットで着こなしの幅が広いGショーツ。
キレイめや、カジュアルに合わせるならS、Mでジャストに。ストリートライクな着こなしはLサイズとスタイルに合わせたチョイスが可能です。

各モデルのシルエットを履き比べ検証

3モデルそれぞれの特徴、シルエットを簡単におさらい! どのくらい違いが出るのかを各モデルを実際に履き比べて比較、検証してみました。 (モデル身長:173cm 全てMサイズ着用)

並べてみてみるとその差は歴然。 短め腿丈ほどのNNショーツ、ちょうど膝上丈のSTショーツ、膝にかかる程の丈感でボリュームあるGショーツと、三者三様の良さが出ています。 グラミチショーツを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

豊富なカラーバリエーション

グラミチショーツといえば豊富なカラバリも魅力なポイント! 最大9色の圧巻のカラー展開は夏らしい明るいカラーから定番までしっかりラインナップ。 グラミチの名作ショーツ、この夏のワードローブに加えてみてはいかがでしょう?

グラミチ スタッフスタイリング

ベーシックなグラミチのショーツはスタッフの着こなしも様々。色合わせやトップスを自分のスタイルで楽しめるアイテムです。是非チェックしてみてください。

その他の特集